SeeIT

SeeIT

サービスの特徴

新型クラウド「SeeIT」についてAbout SeeIT

“CREW SYSTEMS”の新型クラウドは、高画質映像データをインターネット上で簡単に扱うことを可能にし、その通信コストおよびストレージコストを大幅に削減できる技術です。この技術を用いた機器および閲覧システムが“CREW SYSTEMS”のクラウド型映像監視ソリューション「SeeIT」(シー・イット)です。

コスト大幅削減Low Cost

従来の一般的な監視システムは、膨大な映像データを撮って捨てるだけのもので、膨大な通信コスト・ストレージコスト、VPN、専用回線、セキュリティ対策など高額な投資が必要となり、映像を活用しにくい高コストなシステムでした。

必要な映像データのみを抽出しクラウドへ移動抽出された映像データのみを分析

新型クラウド「SeeIT」を用いた監視システムでは、監視カメラの高画質な映像を内蔵のSDメモリカードや防災センターのサーバーなど複数の場所に分散してデータ保存し、必要に応じてデータセンターに送信します。

必要な映像データのみを抽出しクラウドへ移動
通信データを大幅に減量し、通信コストの大幅削減につながります。

「映像分析」ソリューションAnalyzing Solution

一般的な監視カメラシステムにおいて映像分析を行うためには専用のシステムを導入する必要があり、また、一旦導入したシステムに対して、最新の映像分析アプリケーションを搭載するなどの、きめ細やかな対応はできません。そこで、私たち“CREW SYSTEMS”は、クラウドと融合、クラウド上のデータベースと照合できる新しい映像分析ソリューションをご提案します。

「映像分析」機能を内蔵できるカメラ
“CREW SYSTEMS”のカメラは映像分析アプリケーションを搭載可能です。これにより、カメラ単体で映像分析を行い、必要な情報だけを送信。「SeeIT」を用いて、クラウド上で共有することができます。カメラで動作できない映像分析アプリケーションはサーバー上の「SeeIT」で動作可能です。カメラ側とサーバー側の「SeeIT」で効率よく分担し、映像分析を利用可能です。また、クラウドから分析ソフトをバージョンアップ、異なる分析ソフトをインストールすることができます。
既設のカメラに「映像分析」機能をプラス
既設の監視システムがアナログ対応であった場合にも、“CREW SYSTEMS”のカメラに交換するだけで、アナログカメラとして利用しながら、同時に「SeeIT」の映像分析アプリケーションも利用可能になります。既設のシステムを生かしながら、「映像分析」の機能を追加できます。
SeeIT + 映像分析ソフト

高価な映像分析ソフトを最大限に利用できる画期的なソリューションです。

高画質・高セキュリティHigh Quality and Advanced Security

100万画素WDR(ワイドダイナミックレンジ)CMOSセンサー

従来の30万画素程度のアナログカメラを数百万画素以上のハイビジョンカメラに置き換えることで高精細な映像を得ることができ、人物の特定や車のナンバープレートの判別が可能になります。しかし、必要以上に画素数を高くすると、分析に時間がかかり、またCPUへの負担が大きく、 インフラコスト(通信コスト・サーバーコスト・ストレージコスト)も増加してしまいます。映像分析に必要十分なカメラの解像度を100万画素に調整することで、インフラコストの低減を実現しました。また、映像データの保存容量を抑えることで、映像分析ソフトの処理スピードも向上します。さらに、WDRセンサーを搭載することで、逆光などの悪条件でも鮮明な画像記録が可能です。

  • 高画質

    30万画素
    既存のアナログカメラでは、車のナンバープレートや人の顔の認識は困難

  • 高画質

    300万画素
    高精細な映像の半面、映像データ量も増大

  • 高画質

    100万画素 WDR
    映像分析に必要十分な解像度と高画質化を両立

カメラの映像は強度の暗号化処理が施され、内蔵のSDメモリカードに一時保存

万が一、SDメモリカードが持ち出されても、独自のファイル形式で暗号化された映像は容易に見ることはできません。
カメラへのアクセスは必ずクラウドデータセンターを経由するため、データセンターが施した強固なセキュリティが保たれています。
カメラが脅威にさらされるハッキング等の異常アクセスにも対抗できる強固なセキュリティシステムを構築しています。

高セキュリティ

製品一覧

  • SI 0620

    全方位デジタルズーム旋回型カメラ SI0620

    500万画素
    全方位(魚眼)レンズ
    専用チップによる画像補正・多重切出

    超高解像度500万画素カラーCMOSセンサーと全方位魚眼レンズを搭載。
    さらに録画サーバーやビューワーソフトに全く負荷をかけない高性能な画像補正、各種多重画面切出しハードウェア専用チップを内蔵。
    最先端の全方位デジタルズーム(×16倍)旋回型カメラです。

  • SI 0570

    屋外筒型カメラ SI0570

    500万画素
    バリフォーカルレンズ
    デジタルPTZ

    500万画素カラーCMOSセンサー、バリフォーカルレンズを搭載。
    映像がとてもきれいなハイビジョンカメラです。アナログ映像入力ポートも有していますので、既存のカメラの取込みも可能です。ファンレスかつヒーターレスで動作可能で、結露や粉塵の巻込みによる故障も少なく、耐環境性に優れています。

  • SI 0530

    屋外筒型カメラ SI0530

    WDR100万画素
    単焦点レンズ

    100万画素WDRカラーCMOSセンサー、単焦点レンズを搭載。
    映像がとてもきれいなハイビジョンカメラです。アナログ映像入力ポートも有していますので、既存のカメラの取込みも可能です。ファンレスかつヒーターレスで動作可能で、結露や粉塵の巻込みによる故障も少なく、耐環境性に優れています。

  • SBM0500

    モバイルボックス SMB0500

    防水・防塵
    屋外設置
    他社カメラ利用可能

    各種デジタル(IP)、カメラに対応し、SeeITの全部の機能を、一般(他社)のカメラでも利用可能。LTEに対応し、面倒な契約なしに使用可能です。また携帯閉域網の利用で、万全のセキュリティを確保。公衆電源(AC100V)接続のみで利用でき、配線の手間がなく設置が簡単な為、移設したい際にも容易に移設が可能となります。

  • Accepture

    Accepturé

    分散型クラウド
    VMS

    各社様々のカメラで新型クラウドSeeITクラウドと直結して利用する事ができるVideo Management System。安定性・柔軟な拡張性、堅牢性に優れたセキュリティを兼ね備えた分散型クラウドとなります。AccepturéによりすべてのカメラがSeeITに接続可能となり、遠隔エリアからの閲覧・映像分析が可能になります。そして効率良く映像監視を行える機能を搭載、監視業務の負担軽減と障害発生時の迅速な対応を可能にします。

  • SeeIT製品のカタログはこちらから(PDF)

    モバイルボックス SMB0500のカタログはこちらから(PDF)

    Accepturéのカタログはこちらから(PDF)

導入事例

  • 導入事例1 コインパーキング

    イメージ1
    支払い拒否・精算機荒らしが多発。しかし、遠隔監視カメラは初期導入・運用コストが高い

    複数のカメラ映像を常時、遠隔監視・記録するためには、ネットワークカメラ、電源装置、通信機器、VMS等、初期導入コストが高く、通信コストの問題もありました。

    無線通信機能搭載、クラウドカメラ単体で解決

    カメラが異常発生(車止め乗り上げ、車両接触音、精算機荒らし等)を検知、内蔵SDメモリカードに高画質な映像を保存。保存映像は無線通信網を経由しクラウドにデータ送信。簡単な操作で事件発生時の時間帯を指定して、短時間で映像を探しだし、観ることができます。無線通信を利用することにより、遠隔監視を低コストで実現します。必要な情報のみを送信するクラウドカメラは通信コストを最小限に抑えます。

    イメージ2
  • 導入事例2 施設管理

    イメージ1
    広大な施設にカメラを設置すると、長距離配線の敷設などに膨大なコストが発生

    Wi-Fi無線通信機能搭載、クラウドカメラ単体で解決

    カメラに内蔵されているWi-Fi通信機能と既設のWi-Fi通信網を利用することで、導入コストを大幅に削減。屋内カメラは映像分析+センサー連動により監視。Wi-Fi通信により配線不要。屋外カメラは災害発生をクラウドにて遠隔監視。

    イメージ2
  • 導入事例3

主な実績

丸紅 日立システムズ キヤノンマーケティングジャパン NTTドコモ 綜合警備保障 ホーチキ 三井不動産
globe